益田市在宅医療・介護連携支援センター

地域の在宅医療・介護連携のサポートをします

 病気になっても、
住みなれた地域で
自分らしい暮らしを続けたい

在宅医療・介護連携支援センターの概要 地域のみなさまへ
あんきな座談会
医療・介護関係者さまへ
研修会のご案内
医療・介護資源

『 多職種連携のための ちえぶくろ 』

↓ダウンロードは こちら(数字をクリック)

… 居宅介護支援事業所・訪問介護

… 訪問入浴介護・訪問リハビリテーション・通所介護・通所リハビリテーション・短期入所生活介護

短期入所療養介護・地域密着型通所介護・養護老人ホーム・有料老人ホーム

…サービス付高齢者住宅・軽費老人ホーム・生活支援ハウス・福祉用具貸与・小規模多機能型居宅介護・認知症対応型通所介護・認知症対応型共同生活介護・介護老人福祉施設・地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護・介護老人保健施設

… 診療所・歯科

… 薬局・訪問看護ステーション・地域包括支援センター・行政 在宅医療・介護連携支援センター

※データ容量が大きいため5分割にしています。ご了承下さい。


 

在宅医療・介護連携支援センターの概要

医療機関や介護関係者の連携を推進するためのコーディネート拠点として、「益田市在宅医療・介護連携支援センター」を益田地域医療センター医師会病院敷地内に開設しました。
今後は、在宅医療と介護を結び付けるコーディネーターとして、地域の医療・介護サービス提供者の連携をサポートします。

【在宅医療・介護連携支援センターの設立について】

団塊の世代が後期高齢者となる2025年に向けて、在宅で療養する高齢者の増加も見込まれています。高齢者が住み慣れた地域で安心して生活できるよう、医療と介護を包括的に提供する体制作りが必要となります。
そこで、益田市では医療機関や介護関係者の連携を推進するためのコーディネート拠点として、「益田市在宅医療・介護連携支援センター」を益田地域医療センター医師会病院敷地内に開設しました。
当センターでは、医療機関や介護関係者の方の在宅療養に関する相談窓口の運営をはじめ、お住まいの地域の医療介護資源情報の提供、在宅医療・介護に関する各種講演会の開催等、在宅療養環境のサポートを行ってまいりますので、是非ご利用いただきますようよろしくお願い申し上げます。

【役割と機能】

◆ 在宅医療に関する専門相談窓口の設置
医療・介護等のサービス提供者からの在宅医療・介護に関する相談に対して、情報提供や支援・調整を行います。
◆ 退院調整への支援
医療・介護のサービス提供者からの要請に応じて、退院後の円滑な地域移行に向けた支援を行います。
※ 退院調整の実施主体は医療機関であることを前提に、その調整作業を支援します。
◆ 多職種・多機関間の連携推進のための研修
地域の医療・介護関係者の連携を促進するため、お互いの現状等を知り、顔の見える関係づくりを行うことを目的とした研修会を開催します。
◆ 市民向けの普及・啓発
一般市民を対象に、在宅医療・介護への理解を深めることを目的とした講演会等を開催します。

【支援・調整の流れ】

【相談例】

Q. A.
訪問診療してくれる医師を教えてほしい ご希望、病状等うかがった上で適切な訪問診療医をご案内します。
訪問看護の依頼先について相談したい 訪問看護の導入に関するアドバイスや事業所の案内を行います。
相談はどのような方法ですればよいですか? 専門スタッフ(看護師、社会福祉士)が常駐しています。お電話でご連絡いただくか、直接窓口にお越しいただいても結構です。
どのような方からの相談を受け付けるのですか? 在宅医療、介護に携わる関係者の方からの相談を受け付けます。相談内容によって、各機関と連携して対応いたします。
相談料や利用料はかかりますか? 相談対応含め、全て無料です。安心してなんでもご相談ください。また、相談以外にも連携に関するご意見やご提案など多くの声をいただき、連携の推進や地域づくりに反映させたいと考えています。お気軽にご意見をお寄せください。
在宅医療とは何ですか? 医療関係者が生活の場で行う医療のことを言います。医師が計画に基づいて診療に行く「訪問診療」、患者の求めに応じて診療に行く「往診」のほか、看護師、歯科医師、薬剤師、リハビリ専門職なども訪れて、必要な医療を提供します。
訪問診療と往診とは何が違うのですか? 訪問診療とは、計画的な診療を行うことです。定期的に毎週○曜日の○時にと約束して医師が訪問し診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等を行うことを言います。往診とは突発的に体調不良になった時等に医師が訪問し診療することを言います。
在宅医療を受けるには、どうすればいいですか? まずは在宅主治医を選びます。主治医やケアマネジャー、地域包括支援センター、もしくは入院中であれば医療連携室でご相談ください。また、センターのホームページやマップからも情報を得ることができます。
在宅医療を受けながら通院することはできますか? もちろん可能です。日ごろの治療は在宅主治医で受けて、数ヶ月に1回、病院に通院して診察をしてもらうという方も少なくありません。この方法の利点は、専門性の高い疾患の場合に、病院の専門医の診断が受けられること、病状急変などの際に見てもらえることなどがあげられます。そのため、患者さんが安心するという心理的なメリットも大きいです。
通院が困難なので自宅に訪問してくれる歯科医師さんはいますか? 在宅歯科医療のお申し込みとご相談は、『歯科のホットライン 在宅歯科医療連携室TEL. 0852-27-8020(島根県歯科医師会事務局内)』ご相談ください。
介護保険はいつから加入するのですか? 介護保険は、高齢者の暮らしを社会全体で支えあう社会保険制度です。そこで、65歳以上の方(第1号被保険者)と40歳以上65歳未満の医療保険に加入している方(第2号被保険者)が加入します。詳しくは、益田市福祉環境部高齢者福祉課まで(0856-31-0682)お問い合わせください。
介護保険に加入するために手続きは必要ですか? 介護保険の被保険者の対象となるのは、40歳以上のすべての人ですが、介護保険に加入するために特別な手続きは必要ありません。40歳になったその日から、自動的に加入する仕組みとなっています。被保険者になるには手続きは不要ですが、サービスを利用するためには、要介護認定を受ける必要がありますので、お住いの地区の地域包括支援センター等でご相談ください。益田市福祉環境部高齢者福祉課まで(0856-31-0682)お問い合わせください。
介護サービスの種類や機能を教えて下さい 居宅介護支援事業所(ケアマネジャー)や地域包括支援センターなどにお問い合わせください。また、市から配布されている「益田市高齢者福祉サービスガイド ちえぶくろ」にも記載されていますのでお読みください。

【開設場所】

 開設    平成29年4月1日
所在地   〒699-3676 島根県益田市遠田町1917-2 益田地域医療センター医師会病院敷地内
電話番号  0856-22-3611(代表)
FAX番号 0856-22-3612(直通)
相談日時  月0金曜日 8時30分0 17時15分(祝日、年末年始を除く)

【スタッフ紹介】

 看護師   竹内 節子
社会福祉士 亦賀 博之
大畑 秀子
大畑 純子
神城 友梨
事務    豊田 信吾


 

地域のみなさまへ
あんきな座談会

日常生活の中で必要な医療や介護の知識をやさしく学んでいただくため、地域の老人クラブやサロン等へ講師を派遣し出前講座を開催いたします。お気軽にお申し込み下さい。

市民出前講座(あんきな座談会)とは

「住み慣れた地域でずっと暮らし続けるために、今やっておくべきことは?」「医療・介護のサービスってどんなものがあるの?」「在宅医療ってなに?」「在宅医療はどうすれば受けられるの?」「病気や認知症などで、自分で自分のことが決められなくなったときにために、今できることは?」・・・
そんなお悩みをお持ちの方も多いと思います。
市民出前講座(あんきな座談会)は、「かかりつけ医」を持つことなど、安心な生活につながるヒントを盛り込んだお話を地域の集まり(老人クラブ・サロン・自治会等)で安気にのんびり語りあえる場です。

【対象】 *おおむね5名以上のグループ

益田市にお住まいの方
益田市に通勤、通学される方

【開始までの流れ】

1. お申込み
開催希望日のおおむね1か月前までに、「益田市在宅医療・介護連携センター」にお申し込みいただきます。
2. 担当者より確認の連絡
開催日時や内容など打ち合わせるため、申し込まれた方へ担当者が連絡いたします。
開催日時は、原則平日(月~金)の9時以降のおおむね60分以内です。ご希望がございましたらご相談下さい。
3. 講師・担当者がお伺いします
当日、ご指定の会場へ講師および、担当者がお伺いします。

【申し込み方法】

FAX・お電話でのお申し込み
別紙の『申込書』にご記入のうえFAXまたはお電話にて「益田市在宅医療・介護連携センター」にお申し込みください。お問い合わせに関しても同センターまでご連絡ください。

申込み先 〒699-3676 島根県益田市遠田町1917-2
益田地域医療センター医師会病院敷地内
益田市在宅医療・介護連携センター
電話番号 0856-22-3611(代表)
FAX番号 0856-22-3612(直通)

参考資料:『あんきな座談会チラシ』『出前講座テーマ例』


医療・介護関係者さまへ
研修会のご案内

在宅医療や介護に携わる医療・介護関係者の方を対象として在宅医療サービスに関する相談に応じるほか、関係会議等での情報提供、研修会・勉強会などを開催します。

※研修会名をクリックすると申込み方法等詳細がご覧いただけます。

<開催予定>

開催日時 内容 対象者 場所
令和1年8月1日~
令和2年2月28日
のうち1~2日間
訪問看護・訪問リハビリテーション研修
 <研修案内>
 <訪問看護体験プログラム>
 <訪問リハ体験プログラム>
 <研修申込書>

申込方法:研修申込書(別紙3)を記入し、FAXで益田市医師会事業本部に送付して下さい。その後、日程調整をさせて頂きます。

看護師・リハビリセラピスト等、すべての医療職、行政機関の医療職、老人福祉施設・居宅介護支援事業所の関係者 益田市医師会訪問看護ステーション・訪問リハビリテーション
開催日時 内容 場所
令和元年10月4日(金)
9:30~16:15
受付(9:00~9:30)
令和元年度 キャラバン・メイト養成研修
 <研修実施要領> <研修カリキュラム> <研修受講申込書>

対象者:介護従事者(ケアマネージャー、施設職員等)・医療従事者(医師、看護師等)・介護相談員・民生児童委員・認知症の人と家族の会会員・行政職員・その他(認知症に関心がある人等)で市町村担当課から申し込みのあった者  ※サポーター養成講座の講師を行う意思がある者

Ⅰ.オリエンテーション(9:30~10:00)
 「認知症サポーターキャラバンについて等」
パルメイト出雲4階 パルメイトホール(出雲市今市町2065番地)
Ⅱ.講義(10:00~12:00)
 「認知症を理解する」
 講師 島根大学医学部附属病院・基幹型認知症疾患医療センター  濱田 智津子 氏
Ⅲ.講義及びグループワーク(12:45~16:00)
 「認知症サポーター養成講座の運営方法について」
 講師 出雲市認知症キャラバン・メイト連絡会会長
  日野 和子 氏
Ⅳ.事務連絡(16:00~16:15)
 オレンジリング・修了証授与 ほか

<開催終了>

開催日時 テーマ 講師 場所
平成30年7月30日(月)
19:30~21:00
在宅医療・介護連携推進のための多職種研修会
-医療介護専用SNSで実現する多職種ネットワーク-

<案内文・申込書はこちら>
第一部 動画を使ったメディカルケアステーション概要説明 益田地域医療センター医師会病院
第二部 講演「メディカルケアステーションの利用による多職種連携」 松本医院院長
益田市医師会副会長
松本 祐二 先生
第三部 メディカルケアステーション操作体験
連絡先:益田市在宅医療・介護連携支援センター
TEL:0856-22-3611(医師会病院代表)
医療介護連携統括部 担当:竹内・豊田
結果報告 MCS研修会アンケートまとめH30.7.30
平成30年9月1日~
平成31年2月28日
のうち、1~2日間
訪問看護・訪問リハビリテーション研修
<研修案内・プログラム・申込書>
益田市医師会
訪問看護ステーション・訪問リハビリテーション
平成30年9月16日(日)
13:00~16:00
『薬剤師に必要な
フィジカルアセスメント』

<案内文> <ポスター>
島根大学医学部附属病院クリニカルスキルアップセンター センター長
狩野 賢二 先生
益田市医師会
在宅医療介護連携・研修センター3階研修室
平成30年10月18日(木)
14:00~17:00
(受付開始13:30~)
「つないで 支える 認知症 in いわみ」 独立行政法人国立病院機構 浜田医療センター2階
総合研修センター
(浜田市浅井町777番地12)
行政説明:認知症施策の推進について
~中国四国地方の事例から~
中国四国厚生局健康福祉部 地域包括ケア推進課
課長 高原 伸幸 氏
講演:地域における認知症疾患医療センターの役割 社会医療法人正光会 松ヶ丘病院(地域型認知症疾患医療センター)
院長 坪内 健 氏
平成30年11月6日(火)
9:30~12:00
看護職の再就業支援セミナー
<案内・申込書> <ポスター>
益田地域医療センター医師会病院 研修棟
益田市遠田町1917-2
フィジカルアセスメントの基礎 島根大学附属病院クリニカルスキルアップセンター
狩野 賢二 氏
就業看護師との座談会(病棟看護師、訪問看護師、子育て中看護師、老健勤務看護師、パート勤務看護師など)
就業相談コーナー
<第1回目>
平成30年9月27日(木)10:00~16:00
<第2回目>
平成30年12月16日(日)10:00~16:00
(同じ内容で2回実施しますので、ご都合の良い日にご参加下さい。)
益田市医師会会員施設および訪問看護・老人福祉施設の看護師の研修会
<案内文・申込書> <ポスター>
益田市医師会
在宅医療介護連携・研修センター3階研修室
テーマ:『身体所見から考える病態と緊急度判断』 島根大学医学部附属病院クリニカルスキルアップセンター センター長
狩野 賢二 先生
平成30年12月13日(木)
19:00~21:00
※18:30開場
第7回 益田圏域医療介護連携推進のための多職種研修会 『介護支援専門員(ケアマネジャー)について知ろう!』   <通知文書・開催要領・申込書> 益田赤十字病院 講堂
(益田市乙吉町イ103番地1)
第一部 ■活動報告:多職種のことをもっと知ろう【第4弾】
『担当者会議では伝えられない思いがあるんよ!』-知って欲しいケアマネの思い-
すてっぷ居宅介護支援事業所 介護支援専門員
戸佐間 恵子 氏
第二部 ■パネルディスカッション
『入退院連携で情報交換の際に大切なことは?』
医師 たかせ内科
高瀬 裕史 氏
MSW 益田赤十字病院 地域医療連携課
清水 真琴 氏
理学療法士 医師会病院 リハビリテーション科
広瀬 強志 氏
介護支援専門員 すてっぷ居宅介護支援事業所
戸佐間 恵子 氏
第三部 ■グループワーク
『介護支援専門員の理解が深まった?』
結果報告 アンケート集計結果 H30.12.13
開催日時 場所 内容 対象者 申込方法
第3回「在宅医療・介護連携推進のための多職種研修会」
~医療介護の情報共有ツールについて気軽に語ろう会~  <案内文・申込書>
平成31年1月22日(火)
19:00~20:00
益田地域医療センター医師会病院2階
第2会議室
MCSについて気軽に語る会
自分なりの利用方法やメリット・デメリットなど
MCSを利用されている医療介護専門職で、
複数の活用事例をお持ちの方
FAXにてお申込みください
開催日時 対象・申込み 講師 場所 お問い合わせ
平成30年益田市高齢者虐待防止研修会
支援を拒否する人への支援 ~セルフ・ネグレクトの特徴と支援のポイント~
<チラシ> ・ <申込書>
平成31年1月23日(水)
13:30~16:30
対象:益田市内の保健・医療・福祉・介護分野の従事者
申込み:申し込み書に記入の上、FAXでお申込みください。
(申込みの〆切は1月18日(金)とします。)
※本研修は主任介護支援専門員更新研修の受講要件である
法定研修に該当します。
東邦大学 看護学部 教授 岸 恵美子 氏 益田市人権センター 大ホール 益田市役所 高齢者福祉課 担当:主任社会福祉士 田中 涼
TEL:0856-31-0245
FAX:0856-24-0181
開催日時 テーマ 講師 場所
家族支援研修会の開催について  <案内文・申込書>
平成31年2月17日(日)
13:00~18:30
(12:30~受付)
【家族支援研修会 プログラム】
第1部 13:00~15:00 講義
「地域包括ケアにおける家族支援の視点
~その諸理論を理解する~」
第2部 15:30~18:00 事例検討会
「家族支援のための事例検討
~家族像形成から支援方法を見出す~」
橋本 眞紀 先生
・地域保健・医療・福祉活動研究会 会長
・岡山家族看護研究会 会長
・岡山地域包括・在宅介護支援センター協議会 学識
益田地域医療センター
医師会病院 2階
第1会議室
※本研修会は第1部のみの受講も可能です。
ただし第2部に参加される方は必ず第1部を受講してください。
結果報告 アンケート集計結果 H31.2.17
開催日時 テーマ 講師 場所
第8回 益田圏域医療介護連携多職種研修会
最期まで食べられる支援をみんなで考えてみませんか?私たちの老後のためにも。
加藤病院と地域の「食べる取組」が聞けるチャンス!  <案内文・申込書>
平成31年3月7日(木)
19:00~21:00
第1部 報告
①益田地域における高齢者の食支援体制整備事業について
②在宅食支援調査で感じたこと
報告者 保健所 堀野かおり係長
報告者 益田赤十字病院 栄養課 石橋美津恵係長
益田赤十字病院講堂
(益田市乙吉町イ103番地1)
第2部 講演「在宅を意識したNSTの取組について」(仮称) 社会医療法人仁寿会 加藤病院
院長(医師) 加藤節司 氏
栄養科長(管理栄養士) 大野美穂 氏
開催日時 テーマ 講師 場所
医療・介護連携推進のための多職種研修会
-情報共有ツールで実現する多職種内連携強化-  <ポスター> <案内文・申込書>
平成31年3月26日(火)
19:00~21:00
※18:40開場
■第1部 メディカルケアステーションの紹介
※自由参加:動画による概要説明を上映
19:00~19:20
益田地域医療
センター医師会病院
2階 第1会議室
■第2部 講演
「加速する医療・介護の連携」
19:20~20:00
あすかクリニック
院長 井上 貴雄 先生
■第3部 グループワーク
【メディカルケアステーションを
使用した模擬実務連携】
20:10~21:00
結果報告 アンケート集計結果 H31.3.26
開催日時 内容 対象者 場所
令和元年7月29日(月)
19:00~21:00 ※18:40開場
令和元年度 第1回 在宅医療・介護連携推進のための多職種研修会
-医療・介護連携を効率化する7つの情報共有ツール-
  <案内文・申込書>  <ポスター>
■各情報共有ツールの紹介・説明
【 医療介護資源マップ・ちえぶくろ・ケアマネタイム・まめネット・生活療養ノート・入退院連携ガイド・益田版栄養情報提供書 】
■グループワーク [各ツールの賢い使い方をみんなで見つけよう! ]
■医療・介護・福祉関係者
■関係行政機関及び官公庁職員
■益田市医師会 会員医及び職員
※定員80名(申込先着順)
益田地域医療センター医師会病院2階 第1会議室
結果報告 研修会まとめ R01.7.29

医療・介護資源

地域の医療機関や介護サービス事業所などを紹介します。

■医科・歯科施設マップ

 

 

 

 

 

益田圏域の診療所(クリニック)及び調剤薬局、歯科医院をマップ上に表しています。

■介護施設マップ

 

 

 

 

 

益田市内の介護保険機関をマップ上に表しています。